【嵐山】雪降る古都

雪の京都!
盆地で寒い寒いという割に京都は雪が降らない。一昨年は正月にどちゃくそ降ったけど、その時自分は帰省で京都にはおらず…。
そんなわけで雪の京都を今年も体験!雪降る古都の写真を撮ってきた!
DSC_1918_01.jpg

お気づきかどうかは知りませんが冒頭の煽り文句(?)は去年のものとほぼ一緒。そんな去年の記事はこちらです。

さて、前年は清水祇園銀閣寺と左京東山界隈を攻めたわけだけど、今年は京都の反対側の嵐山に行ってきた。
レンズはSIGMA 17-70mm F2.8-4 DC MACRO OS HSMを主軸に据えて、Tokina AT-X 116 PRO DX II 11-16mm F2.8 とVoigtländer NOKTON 58mm F1.4 SL II N をサブ的に使う感じ。

出町柳へと向かう途中の駐輪場の自転車の上にはこんもりと雪。
DSC_1861.jpg

下鴨さんもすっかり雪景色。
DSC_1873.jpg

高野側も雪化粧。
DSC_1865.jpg

出町柳発の特急は雪の影響で七分遅れで出発した。この日は日曜だからそんなに混乱はなかったけど、平日だと大変だったかも。あ、センター試験の受験生はどんまいでしたね。あと、女子駅伝の選手。京都競馬は中止になっていたそうなのに……雪の中走るとかかわいそう。

先斗町に食指がそそられたけれど、ちょっぴり顔を突っ込むくらいで。今日は嵐山まで行くのです。
DSC_1878_20170115205913672.jpg

家を出た当初はほとんど降ってなかったけれど四条まで出てくると雪がフルフル。
DSC_1881.jpg

河原町からの阪急も七分遅れ、準急で桂まで行ってから嵐山線に乗り換え。左京より雪の勢いが強い。
DSC_1883.jpg

桂から嵐山まで約八分。ごっとごっと揺られて嵐山に到着。

こちらは嵐電嵐山駅。雪の勢いが尋常ではない。
DSC_1899_01.jpg

渡月橋と並ぶ嵐山のシンボル。竹林の小道も雪模様。
DSC_1904.jpg

雪の重みでしなる竹。これ雪一気にどかしたらばいーんってなるやつですね分かる。
DSC_1900_01.jpg

着雪の向きで風向きが分かるってやつ。
DSC_1911_01.jpg

雪×神社の尊さは言うまでもないってやつ。
DSC_1915_01.jpg

そういえば今年は神社に行きはしたもののまだお参りしてないような気がする。
DSC_1917_01.jpg

ビューティフォー……。
DSC_1925_01.jpg

雪の白に朱色がよく映える。
DSC_1934_01.jpg

野宮神社を後にしてさらに北に向かう。目指すは化野念仏寺。雪のモノトーンがよく似合いそうだったから。
嵐山から雪の中歩くこと30分ほど。途中でスリップかましてるタクシーをながめながら歩いていく。

化野は左京よりも嵐山よりも雪が深い。
DSC_1941.jpg

いやこれほんとに20cmほど積もってる。
DSC_1946_01.jpg

なお、ここまで雪の中歩いてきたわけだけど肝心の化野念仏寺は雪が降りすぎて危ないからと拝観できませんでした(*^o^*)(*^o^*)(*^o^*)(*^o^*)

まぁ、今回は縁がなかったということで来た道を引き返しつつ途中で見かけた祇王寺と二尊院に寄ることにした。

まずは祇王寺から。平清盛のお墓があるお寺。
DSC_1957_01.jpg

兵どもが夢のあと。
DSC_1978_01.jpg

祇王寺は雪が降ってる時より雨がしとしとの時のが楽しいと思いました(コケ的な意味で)。

続いて二尊院へと参ります。
DSC_1979_01.jpg

さてさて二尊院。拝観料500円を払っていざ境内。やっぱり境内は人の通りが少ないから表の通りよりも雪が深い。
DSC_1989.jpg

有色無色。
DSC_2009.jpg

雪に埋もれながら耐え忍ぶ地蔵さん。
DSC_2016.jpg

おや、さっきまであんなに吹雪いていたのに……。
DSC_2026.jpg

青空が見えるまでに。
DSC_2035.jpg

葉を落とした枝に雪が実る。
DSC_2039.jpg

弁財天さんも雪の中。
DSC_2043.jpg

本堂に別れをつげて二尊院を後にします。
DSC_2067.jpg

お昼を回った嵐山は朝方よりもずいぶんと雪が減っていた。
DSC_2076.jpg

上の写真を撮ってからすぐに雲行きが怪しくなりふたたび吹雪はじめた。

ふぶいているとお目当ての写真が取れないので近くのお土産屋さんで待機すること30分。ふたたび青空が見えてきたので外に出る。渡月橋のたもとに行く。構える。


ファインダーの中の世界を切り取る。ビューティフォー……。
DSC_2087_01.jpg

空の青さと、山の緑と、風で舞う雪の白。素晴らしい。
DSC_2091.jpg

つかの間の青空は本当にうつくしかった。
DSC_2101.jpg

さて、お目当ての写真は撮れたし、朝ごはんも食べずに家を出てきていい加減お腹が空いてので帰路につくことに。

帰路につき始めた途端にふたたび雪が降り始める。ほんとうに天気の移り変わりがめまぐるしい。
DSC_2117.jpg

かとおもうと桂駅に着くころにはすっかり雪がやんで晴れ間が差していたり。
DSC_2118.jpg

四条は青空。交通量が多いからか雪もそれほど残っていなかった。
DSC_2120.jpg

そんなこんなで今年も雪の写真を撮ることができて一安心。来年は雪の伏見にいきたいですね。
DSC_2130_01.jpg

おしまい。
関連記事
該当の記事は見つかりませんでした。