【城南宮】みやこの梅

古語で「はな」といえば二つの意味がある。


ひとつは桜。現代においても日本を代表する花として多くの国民に愛されているが、平安時代以降の文章に出てくる「はな」は桜のことを指す。


そしてもうひとつの「はな」は梅。古来よりやまとびとが愛してきた春の訪れを知らせる花である。
今回は京都で北野天満宮と並ぶ梅の二大庭園をもつ城南宮に梅の写真を撮りに行った話。
DSC_2599.jpg

【聖地巡礼】ヤマノススメの聖地に行ってきた【飯能】

所用で関東にいたこっぺ氏は用事を済ませてからも帰るまでにはまだまだ時間がたっぷりと残されていることに気付いた。東京の街をブラブラしてもよかったけど、せっかくやし~飯能でも行きまっか~~~くらいのノリで西武池袋線に乗り込んだのであった。

そんな感じで今回は埼玉県飯能市にヤマノススメの聖地巡礼をしに行った話。
DSC_2413_01.jpg

該当の記事は見つかりませんでした。